審査に無事に通過するには

マイカーローンの審査に問題なく通る人もいれば、保証人を用意してほしいと言われたり、頭金を用意してほしいと言われたり、それら条件関係なく審査が通らなかったりと、色々なケースがあります。マイカーローンの審査に落ちるのにはいくつかの理由が考えられます。

 

最も重要なのが信用情報です。今までのローンやクレジット契約の履歴が信用情報です。過去に債務整理をした、未払いのローン契約が残っている場合、審査に与える影響は大きいです。信用情報は現在のローン状況だけでなく、過去にさかのぼって調べられます。過去に度々支払い遅れがあった場合、その履歴から審査に影響を与える場合もあります。

 

信用情報以外で重要なのが、借入金額と収入のバランスです。大雑把に、年間のローン返済額が年収の1/3を超えると、審査に通りにくくなります。借入金額が年収に見合ってないと判断されるためです。ローンはマイカーローンだけではないので、住宅ローンやカードローンなどの返済も残っている場合、これらも考慮した上で判断される点にも注意が必要です。

 

マイカーローンでは勤続年数も重要です。今は派遣社員も珍しくはありませんが、派遣社員でもマイカーローンの審査に通る可能性は十分にあります。それよりも、勤続年数で、勤めて1年未満であれば、審査で不利になります。

 

クレジットカードやカードローンとは異なり、大きな金額を借りることになるマイカーローンは、やはり審査もそれなりに慎重に行われます。特に金額が大きい新車の車ローンでは収入状況などが悪いと通らない場合が多くなるので、申し込み時には注意が必要です。